徳島わきまち自動車学校

四国 / 徳島県

地図を見る

  • 一人部屋

  • 二人部屋

  • シェアルーム

  • 早割

  • 誕生日割

各種アイコン解説

みんなの口コミ

あなたの口コミを書く
1
2
3
4
5
投稿する
キャンセル

あなたの口コミを書く

合宿免許サービス
平均評価:  
 0件の口コミ

徳島わきまち自動車学校

とくしまわきまちじどうしゃがっこう

徳島県美馬市脇町馬木787-2

(公認校:徳島県公安委員会指定)

わきまち自動車学校:吉野川の清流と里山に囲まれた合宿免許

徳島県の北西部に位置する美馬市脇町。吉野川の清流に恵まれ、江戸時代に藍の集散地として栄えたこの街にあるのが、徳島わきまち自動車学校です。脇町は城下町として発展し、「うだつが上がらない」の語源となった「うだつ」のある街並で有名な観光地。長閑な風景に囲まれた中での合宿免許生活は人気を呼び、北海道から沖縄まで、日本全国から免許合宿生がやってきます。

学校紹介

学校案内:全国から合宿生が集まる徳島わきまち自動車学校

徳島わきまち自動車学校は、四国一の大河・吉野川の近く、豊かな山林の中に校舎を構えます。校舎入り口にはなんと、日本語だけでなく英語と中国語の案内が!実はここ徳島わきまち自動車学校では、多様化する合宿生と地域社会のニーズに応えて、中国語での教習を実施しているのです。スタッフにも中国語と日本語のバイリンガルがおり、多様な免許合宿生の要望に対応することができるのです。この取り組みは評判を呼び、地元の新聞の記事にもなるなど、いま徳島県内外から高い注目を集めています。

そんな教習所のロビーでは、思わぬお出迎えが。ロボットのPepperが合宿生を歓迎してくれるのです。教習の待ち時間などにPepperとコミュニケーションをとれば、合宿免許生活がより楽しくなること間違いありません。

全国各地から集まる免許合宿生にとって、食事の時間は共通の楽しみです。校舎横にあるレストラン「うだつ苑」は、免許合宿生が朝昼晩の3食をいただく食堂になっています。元々ホテルのシェフとして活躍していた藤川さんは、合宿生から「マスター」と呼ばれ親しまれ、まるでお父さんのように生徒たちを見守っています。そんな藤川さんのつくる食事はどれも絶品ばかり。卒業間際の合宿生が、そのレシピを聞いて帰るということもあるそうです。

合宿施設:「すだちイースト」「すだちウエスト」「すだちアネックス」

徳島わきまち自動車学校では、合宿免許にやってくる生徒の多様なリクエストに応えられるよう、さまざまなかたちの滞在プランを用意しています。なかでも一番のオススメは、やはり自動車学校併設の寮の利用。男子寮のすだちイーストとすだちウエストは校舎の真横にありますので、なんといってもその利便性は大きな魅力です。部屋はシングル利用から最大で6名までの相部屋として利用でき、大勢の仲間と楽しい免許合宿生活が過ごせます。もちろん、寮内はWi-Fiを完備しています。

女子寮は校舎から少し離れたつるぎ町にあるアパートタイプのすだちアネックスを利用。教習所からは送迎バスが出ますので、通学も安心です。すだちアネックスは3DKの間取りの部屋を4部屋用意。シングル利用から最大5名までのシェアハウスとして使うことができます。こちらも全部屋でWi-Fiが使えるので、部屋に戻ってからの時間を有意義に使うことができます。

つるぎ町は二重のうだつがあることでも有名な町。空き時間に町内を散策するのも、すだちアネックスの楽しみ方のひとつです。

その他の宿泊プラン

せっかく徳島に合宿免許に来たのだから、滞在もラグジュアリーに!!という希望を持つ免許合宿生には、ホテルプランもオススメです。ホテルプランも寮プランと同様、うだつ苑での3食付き。もちろん教習所までは送迎バスでの送り迎えもあります。3つのプランのうち、徳島わきまち自動車学校から最も近いのが「ホテルマツカ」。近年リニューアルされた人気のシティホテルです。和室でゆっくり寛ぎたいという人には、「油屋」が人気。大浴場の温泉で教習の疲れが癒せます。日本一の清流とも言われる穴吹川沿いにある「ブルーヴィラあなぶき」も、温泉付きの人気の宿。こちらはコテージタイプの部屋になるので、仲間同士で楽しく過ごしたい免許合宿生にオススメです。

脇町が誇るうだつの街並:「うだつ」とは?

脇町は「うだつの街並」として海外からの観光客にも人気の街。「うだつ」とは、隣家との境界に取り付けられた土造りの防火壁のこと。当時、うだつを造るには相当の費用がかかったため、裕福な家しか設けることができませんでした。 「うだつが上がる」ということは富の象徴であり、「うだつの町並み」は当時の繁栄を物語っています。 各家々のうだつには家紋や細工が施され、その豪華さが商人の権威を表しています。まさに芸術品といってもいいほどの建築美が並ぶうだつの街並は、徳島わきまち自動車学校からわずかのところ。県外からやってくる合宿生にとっても人気の観光スポットになっています。

このうだつの街並の中にある美馬市観光交流センターでは、徳島わきまち自動車学校の合宿免許に参加していれば無料で藍染め体験ができます。吉野川の流れるこのあたりは、かつて藍の集散地として栄えました。合宿免許に参加しながら地域の伝統を体験できるなんて、徳島わきまち自動車学校だからこそできる貴重な経験です。

うだつの街並の終わりには、脇町劇場が建ちます。昭和9年に建てられたこの劇場は、オデオン座と呼ばれ、山田洋次監督の『虹をつかむ男』のロケ地にもなりました。吉野川の川縁に佇み、緑豊かな里山の風景を楽しむのも、ここ脇町ならではの贅沢な時間です。教習以外にもやることが満載の徳島わきまち自動車学校での合宿免許。ぜひ自分なりの方法でエンジョイしてみてください。

徳島わきまち自動車学校周辺のお店

徳島わきまち自動車学校では、レンタサイクルを用意。これに乗って脇町散策へと出掛けましょう。校舎の周辺には、さまざまなお店が立ち並びます。合宿生活に必要な日用品が揃うスーパーマーケットや、四国外からもその味を求める人の行列ができるラーメン屋、脇町土産が揃う和菓子屋さんなど、サイクリングの楽しみは尽きません。いつもはうだつ苑での食事ですが、「たまには外食も」という免許合宿生は、シェフの藤川さんに一声掛ければ脇町グルメの食べ歩きだってできちゃいます。和洋中、全てが揃った脇町グルメもぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

合宿担当者のオススメの理由!

「うだつの街並」という、有名な観光地のそばにある徳島わきまち自動車学校。外国人も多く訪れる観光地で合宿免許生活を送れる自動車学校は、日本全国を探しても滅多にないのではないでしょうか。うだつの街並以外にも、吉野川や穴吹川の清流、長閑な里山の風景など、豊かな自然に囲まれて知らぬ間にリラックスできてしまうのも、脇町ならではです。免許合宿生の特典として藍染め体験ができるのも嬉しいですね。また、うだつ苑での食事はまさに絶品。「本当にこれが合宿免許の食事なの!?」と驚くこと間違いなしです。2週間で帰らなければならないのがもったいないと感じる程の徳島わきまち自動車学校での合宿免許。ぜひご検討ください。

保証内容

技能
■卒業まで保証

検定
■卒業まで保証

宿泊(食事付)
■相部屋プラン:規定日数+3泊まで保証
個室プラン:最短日数以降は、相部屋に移動し、移動後は3泊まで保証。

追加料金

技能料金
■なし

検定料金
■なし

仮免学科
■1,750円 仮免許学科試験に3回不合格になった場合は一時帰宅して住所地の免許センターで直接受験して頂き、仮免許取得後再入校して頂きます。(受験料や往復交通費はお客様自己負担)

宿泊料金(食事付)
■相部屋プラン:延泊4日目以降1泊につき3,000円(税込3,240円)徴収いたします。
■個室プラン :延泊4日目以降相部屋宿泊費3,000円(税込3,240円)徴収いたします。
空き状況により追加料金を支払う事により個室滞在可能。(延泊料金要問い合わせ)

別途費用

仮免学科
■2,850円が必要です(学校払い)
内訳:仮免許学科受験料(1,750円)&仮免許証発行手数料(1,100円)

宿泊施設の詳細

●最短卒業日数 AT車14日間/MT車16日間 (入校日により卒業日数が異なる場合があります)
※年齢64歳までの方に限ります。

※自動二輪所持は記載価格から10,800円(税込)割引致します。
※住民票住所地が徳島県の方は、本免受検証紙料金として1,750円を学校でお支払いいただきます。
※美馬市、阿波市、三好市に在住・住民票があるかたはご入校いただけません。
(一部、合宿参加可能地域もございますので詳細はお問合せください。)

アクセス

□交通手段

・東京駅(新幹線)⇒ 岡山駅(特急)⇒ 阿波池田駅(電車)⇒ 穴吹駅(スクールバス)⇒
教習所 集合場所までの所要時間: 約6時間30分

・名古屋駅(新幹線)⇒ 新大阪駅(電車)⇒ 大阪駅(高速バス)⇒ 脇町IC(スクールバス) ⇒
教習所 集合場所までの所要時間: 約5時間

・大阪駅(高速バス)⇒ 脇町IC(スクールバス)⇒ 教習所 集合場所までの所要時間: 約3時間

・高松駅(高速バス)⇒ 多度津駅(特急)⇒ 阿波池田駅(特急)⇒ 穴吹駅(スクールバス) ⇒
教習所 集合場所までの所要時間: 約2時間

・高知駅(特急)⇒ 阿波池田駅(電車)⇒ 穴吹駅(スクールバス) ⇒ 教習所 集合場所までの所要時間: 約2時間20分

・松山市駅(高速バス)⇒ 脇町IC(スクールバス) ⇒ 教習所 集合場所までの所要時間: 約2時間30分

□交通費支給額

※往復上限7,592円(税込8,200円)として卒業時に支給します。 公共交通機関の領収書をお持ちください。
(3/20~7/25、9/16~12/21の間はキャンペーンとして交通費を往復上限税込20,000円まで支給致します。)
※転校や途中退校の場合は支給されませんのでご注意ください。
※指定席等は支払い対象外となります。タクシー利用不可。
※自家用車での入校は駐車場に限りがありますので、事前にお問い合わせください。
※自家用車の場合は公共交通機関利用時の交通費を支給します。

□住所

徳島県美馬市脇町馬木787-2


アクセスマップ

徳島わきまち自動車学校の
料金表をチェック!

徳島わきまち自動車学校の料金表

普通車(AT)免許

普通車(MT)免許

最短卒業日数 AT車15日間/MT車17日間 (入校日によって卒業日数が異なる場合があります。)
※年齢29歳までの方に限ります。色のついた日付が入校可能日です。色別により料金が異なります。

春休み(1,2,3月)と夏休み(7,8,9月)は大変混みあっております。4ヶ月前からの予約をお勧めいたします。