それぞれの時代の違いを楽しめる さくら市

それぞれの時代の違いを楽しめる さくら市

【歴史や観光にゆかりのある合宿免許校】
さくら那須モータースクール

さくら那須モータースクールは、栃木県さくら市にある人気が高い合宿教習所になります。
宇都宮駅が最寄り駅となり、東京からでも新幹線で50分という素晴らしい立地条件も合宿免許の人気の秘密でしょう。
歴史観光物も色々ありますので、普段はあまり興味がない方でも見てみると面白いものがたくさんありますよ。

さくら市の歴史を感じられる観光場所と言えば、足利家歴代墓所になります。
龍光寺の境内には60基ほどの供養塔が建てられていて、数多くの足利氏の墓所になっています。
この墓所が建てられている龍光寺という名は、1601年に亡くなられた足利頼純の戒名から名づけられているそうです。

栃木県の指定文化財になっています光明寺にある坐像の不動明王も割と有名です。
1759年に名工の戸室卯兵衛が鋳造した作品で青銅器で作られており、当時の最新技術が使われた作品で、同じ木型の物がさくら市ミュージアムに保存されています。

さくら市の街並みの中には、昔を思い出させる作りが色々とあります。
喜連川第6代藩主が推奨した寒竹囲いの家や昔の風情がそのまま残っているような御用堀など、心落ち着かせる街並みなのです。

14世紀に作られたと言われる勝山城跡は、さくら市の桜の名所として健在ですし、明治天皇が休息所にした瀧澤家住宅も綺麗なまま残っています。
奥州街道が走る街ですから、昔からの看板や道しるべ、句碑を見掛ける事もあるでしょう。
その他にも今宮神社、西導寺、御霊神社、専念寺、戦国時代の合戦の跡である弥五郎坂とさまざな歴史物が残っているのです。

このように鎌倉、戦国、江戸、明治と時代がバラバラですが、それぞれの時代が感じられるものが残っており、比べてみるのも良いかもしれません。

※画像はイメージです

他の戦国武将と歴史探訪特集を見る