後醍醐天皇との関わり合いが深い鳥取市

後醍醐天皇との関わり合いが深い鳥取市

【歴史や観光にゆかりのある合宿免許校】
日本海自動車学校

合宿免許の日本海自動車学校は、鳥取県鳥取市にある利便性の高い合宿教習所です。
関西方面からのアクセスも便利で、最寄駅になる鳥取駅から教習所までスクールバスで数分なので、便利です。
教習所周辺はさまざまなお店があり、生活に必要なお店は徒歩圏内で不便ではないですし、少し遠出をすれば観光スポットもたくさんあります。

鳥取市と関わり合いが深い歴史上の人物と言えば、後醍醐天皇になります。
後醍醐天皇は、鎌倉時代に隠岐島に遷幸されてしまい脱出する訳ですが、その過程で数々の逸話や足跡を残しているのです。

まず御来屋漁港にある、お腰掛けの岩は、後醍醐天皇を乗せた船が着いた時に、腰かけたと言われていて、この岩に船を縄などで繋いでおくと流されないという伝説も残されています。
船上山の大自然は、後醍醐天皇を立てこもるのに十分であり、彼を守護した名和長年が祀られているのが名和神社であり、守護するために挙兵した金持景藤が必勝祈願をしたといわれるのが金持神社になります。
それぞれの名前が神社に残されていて、歴史を知った上で参拝すると感慨が深いものがありますし、特に金持神社は、その名前からも金運に良いと評判が高いです。

また、鳥取市は弥生時代の遺跡が数多く残されている土地でもあります。
弥生時代の集落跡である妻木晩田遺跡、日本で初めて弥生人の脳が見つかった青谷上寺地遺跡があり、それぞれ整備されて、公園や展示館も併設されていて、観光客が多いスポットです。

その他にも大山の大山寺、三徳山にある国宝の三佛寺投入堂も大迫力の建物で、特に三佛寺投入堂は断崖絶壁にあり、登山と共に楽しみたいです。

鳥取市には、一般的な観光スポットも多いですが、歴史的に価値の高い観光物も多いですから、合宿免許で訪れたならばぜひこちらも忘れる事なく見ておくと良いでしょう。

画像はイメージです

他の戦国武将と歴史探訪特集を見る