戦国時代の言い伝えが残る掛川市

戦国時代の言い伝えが残る掛川市

【歴史や観光にゆかりのある合宿免許校】
掛川自動車学校

合宿免許で有名な掛川自動車学校は、静岡県掛川市にあり、合宿免許なら関東や東海どちらからでも行きやすい場所にあります。
東京駅から約90分、名古屋駅から約60分で最寄駅の掛川駅に到着し、そこからスクールバスで数分のアクセスになります。
掛川市周辺は、戦国時代の史跡がたくさん残されている場所でもありますから、歴史好きには堪らない土地かもしれません。

今川家の家臣として知られる朝比奈泰熈が文明の頃に建てたのが、掛川市の代表的な観光スポットである掛川城になります。
掛川城は、今川や武田や徳川といった大名家に争われる舞台にもなり、その後は一豊の妻の逸話でも有名な山内一豊が在城した時に、大きく整備され、東海の名城になりました。

山内一豊が土佐に転封してからは城主も次々と変わり、現在の掛川城は、1994年に木造によって復元されたものとなっています。
国の重要文化財になっている城郭御殿や太鼓櫓は残っていますので、当時の名城の跡を知る事ができるでしょう。

遠州三山と呼ばれる尊永寺も掛川市にあり、法多山という名称で親しまれています。
本尊の正観世音菩薩は、厄除けに良いと評判で、全国から参拝客が訪れ、戦国時代から今川、豊臣、徳川家の武将たちも信仰していたと言われています。
尊永寺の始まりは、725年に聖武天皇の勅命を受けた行基が開山した所から始まっています。

厄除けのために参るのも良いですが、約700本のソメイヨシノがあり、桜の季節に訪れるのも良いでしょう。
1450年の歴史を持つ小國神社も花が綺麗な所として有名で、四季折々の花を咲かせています。

合宿免許で訪れたなら戦国時代の合戦地であった土地ですから、跡や言い伝えも多く、当時の事を考えながら見て回るのは楽しいかもしれませんよ。

画像はイメージです

他の戦国武将と歴史探訪特集を見る