南魚沼市は上杉家の歴史が詰まった土地

南魚沼市は上杉家の歴史が詰まった土地

【歴史や観光にゆかりのある合宿免許校】
六日町自動車学校

六日町自動車学校は、新潟県の合宿免許校の中で関東に近く、自然豊かな土地である南魚沼市にあります。
関東から近い学校という事で、東京駅から約1時間40分、池袋駅から高速バスで約3時間で、それほど遠くありません。
周辺の環境ものんびりしていますし、観光スポットもありますので、合宿教習所として最適な環境かもしれません。

南魚沼市には、越後浦佐毘沙門堂として知られる吉祥山普光寺があります。
1200年前に坂上田村麻呂によって建てられた寺であり、十六羅漢像や双龍図板絵といった貴重な物が納められています。
正面の桜門は総けやき造りで立派で壮大ですし、毎年3月3日に行われる裸押合大祭は、熱気に溢れた迫力のあるお祭りで見応えがあり、日本三大奇祭の一つでもあります。

南魚沼市の街を見下ろす坂戸山は、山全体が城であったと言われていました。
上杉景勝直江兼続の居城でもあり、山頂に本丸上屋敷跡、中腹に中屋敷、山麓に城主館などが残っており、当時の建物を見る事ができます。
彼らの生誕の碑もあり、上杉景勝の実父にあたる長尾政景の墓所もありますので、戦国大名の上杉家に興味がある方には、とても良いスポットでしょう。

また幼少の頃の上杉景勝と直江兼続が学問を学んだ雲洞庵もあります。
昔から越後の国で“雲洞庵の土踏んだか”という言葉があり、禅の修行をする人たちが励ましあった合言葉でした。
境内には、水芭蕉の花がたくさん咲いていて、大きな大木の間にある寺ですから、心洗われるスポットです。

その他にも上杉景勝の母である仙桃院のゆかりの品、上杉謙信の朱印状が奉納されている龍沢寺もお薦めです。

このように南魚沼市には、上杉家を知るのに欠かせない土地となっています。合宿免許でお越しの際はぜひ立ち寄って歴史を探訪することもおすすめいたします。

※画像はイメージです

他の戦国武将と歴史探訪特集を見る