白河市は自然と歴史が感じられる豊かな土地

白河市は自然と歴史が感じられる豊かな土地

【歴史や観光にゆかりのある合宿免許校】
南湖自動車学校

合宿教習の南湖自動車学校は、福島県白河市にある自然豊かな学校です。
アクセスは、新白河からスクールバスから8分と近く、東京駅から新白河駅まで90分と割と遠くない立地条件です。
周辺には、緑も多く自然が豊かなので、気持ち良く過ごせるのではないのでしょうか。

白河市には、白河小峰城という国指定史跡の綺麗なお城があります。
鎌倉時代の武将である結城親朝が城を構えたのが始まりだと言われており、その後1632年に丹羽長重が4年の時間を掛けて、完成させました。
それが現在の姿と思いきや、1868年の戊辰戦争の白河口の戦いで落城していて、三重櫓が1991年に、前御門が1994年に江戸時代の絵図から忠実に再現して作られたものが今の姿となっています。
梯郭式の平山城となっており、木造で復元されており、今でも白河市の代表的なスポットとなっています。

南湖自動車学校の周辺には、南湖公園があります。
南湖公園は、白河12代藩主の松平定信が1801年に作った公園であり、元々は大沼と呼ばれる程の湿地帯でした。
その湿地帯に堤防を作り、水を溜めて、庭園にしてあり、武士も庶民も一緒に楽しむという意味の“士民共楽”という気持ちが込められて作られています。
ですから、その理念の基に作られた共楽亭もありますし、四季折々の季節を楽しめるスポットです。

奥州三古関の一つである白河関の跡もここであり、かつての文学の世界で憧れの地であり、多くの歌人や俳人が白河関の事を歌として残しています。
白河関跡に行くと、歌人や俳人が残した歌や想いを感じられる素晴らしい風景や雰囲気が残っていますし、想いを感じ取りに行くのも良いでしょう。

白河市には、自然や昔の風景を感じられる歴史物が多く、気持ちも豊かにできる土地となっています。

※画像はイメージです。

他の戦国武将と歴史探訪特集を見る