MT免許の必要性は少なし

MT免許の必要性は少なし

合宿免許で免許を取得する時にMT免許も必要かどうか考えている人がいると思います。
MT免許も取得した方が幅が広がりますが、こちらも取得しようと考えているのでしたら、勉強する事が多くなり、卒業までの期間が延びてしまいます。
今の時代だとMT車は皆無になってきたので、ATだけでも問題はありません。

車を扱った仕事をする人や趣味でさまざまな車に乗車する人でしたらMT免許を合宿免許で取得する必要はありますが、基本的に日本ではほとんどAT車なので、無理に取る必要性はないのです。
趣味でスポーツカーに乗るという人もいますが、旧車ならMTだけど近年のスポーツカーはパドルシフトになっていますし、クラッチ操作はないですので、無理をして取る事もありません。
それでも色んな車を楽しみたい人や一応取っておきたい人もいると思いますけど、普段の生活の中で、特に必要な免許でもないでしょう。

海外のクルマなら必要になってきますけど、先ほどのように拘りをない人は、無理をする必要はありません。
ですから、合宿免許で免許を取得する前に、どんな車に乗りたいのかを考えてみる事が先かもしれません。
そこで、海外で車に乗りたい、旧車にも乗りたい、特殊車両に乗る必要があるとなったらMT免許を目指したら良いでしょう。
逆に、普段の生活の中で車を運転するだけの人、一応免許を取っておきたいと考えている人の場合は、ATの免許だけでも大丈夫なのではないでしょうか。

MT車とAT車では、ギアチェンジやクラッチ等、運転方法が違いますので、受講内容も変わってきます。
受講期間も難しさも当然変わってきますので、特別な拘りや事情がなければ、ATの免許だけでも構わないのです。