社会に出る前のマナー習得

社会に出る前のマナー習得

合宿免許は、学生がマナーを習得できる場としても使えます。
何故かと言いますと、集団生活は学校と一緒ですが、年上である社会人の人達と一緒に過ごしますし、未成年者に対する喫煙や飲酒や門限等の管理指導も行なうからです。
寮生活などを経験している方は慣れているかもしれませんが、初めて親元を離れた人もいるでしょうし、大きく歳を離れた社会人と生活する事が初めての人もいます。
そういった人が、慣れていない状況で集団生活を行なう事で、社会常識やマナーを習得していけるのです。

合宿免許に参加する人の中には、合宿の教習生のモラルに欠ける人もいまして、厳しく指導するケースも多々あります。
教官や管理人に理不尽に怒られる事もあるかもれませんが、ただ怒っている訳ではなく、社会的な常識な意味も含めての指導になる訳です。
同じ合宿免許に参加している社会人を見て、マナーを覚える人もいますし、周囲と一緒に行動したり、諭されたり、怒られたりしてマナーを勉強する人だっています。

このように歳が離れた人や社会人やいつもと違う環境で集団生活する事によって、免許の事だけではなく、さまざまな事を勉強できるのです。
合宿の教習生のモラルが欠けていて、他の人に影響が出ると困りますから、当然理不尽なように思えますが、怒られる事もあって、そういった事が続いて、マナーを学んでいく事ができます。

学生のうちに合宿免許に参加して、免許を取っていると、免許を持っているだけではなく、マナーや社会常識も身について、先々有利になっていくかもしれません。
合宿免許に参加する事は、楽しい事だけではなく、苦労する事や怒られる事もありますが、それも良い社会経験にもなりますし、思い出にも残りますので、良い体験だと思って、参加しましょう。