合宿期間中の洗濯について

合宿期間中の洗濯について

合宿免許での洗濯の必要性を考えてみましょう。
まず、合宿免許の期間は2週間ですが、それほど長い期間ではないにしても、半月をそこの場所で過ごすことになります。
2週間分の下着や洋服類をすべてカバンに持ってゆけると思いますか?

まあ、そのくらいのものなら、大きな旅行バックに入れようと思えば、入れられるボリュームかもしれません。
しかし、やはり旅行は手軽に行きたいものですよね。
例えば、2週間分の下着を持参するのではなくて、合宿免許の施設で洗濯するのがいいでしょう。

実際、合宿免許の施設には洗濯機がついていますので、例えば1週間分だけ持ってきて、あと半分は洗濯をして使うとかすると持参するアイテムのボリュームも少し減らすことができて、もっとお手軽になるでしょう。
その代わり、洗濯石鹸を持参したほうがいいでしょう。

おそらく、完備されている洗濯機の横に洗剤が常備されている可能性があります。しかし、普段から使っているもののほうが使いやすいし、洗剤持参なら、お金もかかりません。
特に、夏ですと、汗をかいたものをそのままにしてバックに放置しておくと大変です。

2週間という期間は、それほど長くありませんが、それでも洗濯のことを考えると、やはり選択の必要性はあると思います。
それにしても、普段親と一緒に生活されている方が自分のものとは言え、洗濯するとなると、結構大変だったりするかもしれません。
親のありがたみも感じながら、合宿免許生活で違った観点で、大切なことを学ぶことになりそうですね。
親と一緒に生活していると、多くのことを親がやってくれていますから、普段あまり気がつかないのですが、そういった意味でも、貴重な2週間になりそうです。