合宿免許で必要な荷物

合宿の間は、運転の練習と学科のみを学んでいるわけではなく、少しの自由時間もありますが、それでもそこで2週間という期間を過ごすわけですから、その間に必要な荷物はしっかり用意しておくようにしましょう。
まずは、入校が決まったら、先方から送られてくる案内に記載された住民票や健康保険証等の必需品について、行く前にチェックしておくことをおススメします。
最初にそろえておく「必要のある書類」は、大き目の封筒やファイルなどを用意して、そこにひとまとめに入れておくといいでしょう。

必要な書類は、「住民票・3ヶ月以内」「身分を証明できるもの・健康保険証、パスポートなど」、そして、もちろん筆記用具、印鑑、病気などをした時の健康保険証をそろえておきましょう。
洋服は、男女とも運転しやすい衣類なら何でもOK。 ただし、女性はミニスカートの着用はおすすめできません。自動二輪の免許取得には、ズボンも上着も長いものを着用します。
靴は、サンダル、下駄、ハイヒールは不可。

洗面用具、めがねやコンタクト、自動二輪の方は、ヘルメットとグローブが必要です。
合宿免許によって、宿泊施設のタイプが異なりますので、ホテル以外の宿泊所なら、バスタオルを持参しましょう。
また、シャンプーやリンスは常備されているところもありますが、人によって合わない場合もありますので、持参することをお勧めします。

さらに、合宿免許中は携帯電話の充電器も必需品となるでしょう。
その他、人によっては薬や洗濯用品、虫除けスプレーやカイロ等、あったら便利だと思うものをご持参されるといいと思います。
エンタテインメントで、自由時間を楽しむパソコン、デジカメ、ゲーム機、音楽プレーヤー等も、あると時間をつぶす時にいいかもしれません。