免許合宿は異文化交流の場

免許合宿は異文化交流の場

合宿免許に来ている生徒の多くは学生が多いのですが、中には社会人もいます。
免許取得は、大抵の場合、10代のうちにとってしまう人が多いでしょう。
そもそも免許を取得する場合、学校に通い始めて、取得するまで、結構な時間を要します。

人によっては、すんなりとパスできなくて、さらに時間をかけて取得する場合もあります。
ですから、合宿免許のほうがいくら取得しやすいと言っても、逆に2週間の期間を免許取得に費やせる社会人はそれほど多くはありません。
しかし、人のなかには、仕事を探している最中だったり、長期休暇の取りやすい会社に勤務していたり、あるいはフリーランスの仕事をしている人、自分で起業している人など、合宿免許に必要な時間を割ける人もいます。

おそらく学生よりも多くはないにしても、合宿免許を取得するにあたって、年代差の違う生徒と一緒になることもあるでしょう。
こういった機会のよいところは、やはり年齢差のある人たちとも知り合いになれることではないでしょうか。
年代が違うことで、それだけ知っていることや社会経験が違いますから、さまざまな話しをしてみると逆にものすごく勉強になると思います。

また、それは社会人が若い年代の生徒たちと話していても、やはり何んと言っても年齢差を感じるかもしれませんが、それはそれでいろいろな意味で勉強になるのだと思います。
いわゆる何代を超えた異文化交流が楽しめるので、めったにない機会ではないでしょうか?
通常、会社でも、ほとんどが若い世代というのもそれほどないと思いますので、メディア関係の仕事をしている人は、仕事へのヒントもひらめく機会かもしれません。
ちょっとそんな機会に浸りたい人は、経験してみてはいかがでしょうか?