受付時間AM10:00~PM7:000120-673-667


合宿免許が通学より安い理由とは?安い時期や割引利用でさらにお得に

合宿免許は通学よりも安い費用で済むといわれています。安い理由や安い時期、割引利用を活用することでお得に免許取得を目指しましょう。


合宿免許の料金(値段)目安

なるべく安く運転免許を取得したいと考えている方は多いですが、通学で免許をとるよりも合宿免許が最も安く済むといわれています。
そこで合宿免許と通学の料金相場を比較してみると、前者の場合はATの場合は20~30万円、MTの場合は22~32万円が相場であり、後者の場合はATが25~35万円、MTは27~37万円かかります。
MT免許は通学と合宿共に15,000~20,000円が追加されると把握しておきましょう。


合宿免許が通学より安い理由

合宿免許が通学よりも安い理由の一つに、教習生が最短で自動車免許を取得できるようにカリキュラムが組まれていることが挙げられます。
期間中のほとんどを教習に充てるので最短2週間で教習所を卒業することが可能です。
通学の場合は教習所にいるのが数時間のため、卒業にかかるまで1ヶ月以上かかることが多いですし、3ヶ月程度の期間を要することも多いでしょう。
また地域を選んで合宿をすることで、免許取得のついでに観光を楽しむことができるメリットも持っています。


合宿免許の料金の内訳

合宿免許の料金の内訳は、教習所やプラン内容によって費用は異なりますが、およそ20~30万円が平均的にかかる金額となります。
費用に含まれる料金には基本となる教習に関わる費用の他に、宿泊代と食費、交通費がプランに含まれていることが多いです。
ただし、プランによっては食費や宿泊費が含まれていない場合もあるので、食事代が含まれていないなら外食や自炊を行う必要があり、近隣のスーパー等で食材を購入して自炊をしたりします。
その分、食事代が含まれていない自炊プランはさらに安くなりメリットもあります。
決められた食事の提供ではなく、好みの食事やタイミングを重視する方には向いているでしょう。


合宿免許の料金が安い時期・高い時期

合宿免許をお得に利用する方法として、料金が安くなる時期と高くなる時期がいつなのかチェックすることが大切です。
合宿プランの料金は人が集まりやすい繁忙期と呼ばれる1月下旬~3月、7月下旬~9月は学生の春休みと夏休みが重なり料金が高くなる傾向にあります。
これ以外の季節は閑散期となり、繁忙期と閑散期によって7~8万円は料金の差が出るため費用を抑えたいなら、4月~7月上旬、10月~12月の閑散期を狙うと合宿の最安値になりおすすめです。


合宿免許をさらに安く取得する方法

合宿免許を更に安く取得する方法として、割引・キャンペーンを活用する方法がおすすめです。
多くの合宿免許プランには様々な割引制度が用意されており、早期予約割や学割、団体割があるので学生の人はもちろん、早めに予定が決まっている人や友達同士で参加したい人などは活用しましょう。
入校月が誕生日月と重なればバースデー割引というタイミングが合えばお得な割引もあります。
各種割引やキャンペーンは併用できる場合と出来ない場合があるので、どの割引が一番お得かチェックしておくと安く済ませることができます。


まとめ

通学で運転免許をとるよりも、合宿免許を利用すれば短期間で安く免許がとれる上に、地元から離れていつもとは違う新鮮な空気を感じながら免許取得に打ち込むことができるとして、合宿免許は人気が高まっています。
免許合宿プランは宿泊数が限られた入校枠となり、受付は先着順となりますので前もっての早期計画が必要でしょう。概ね4ヶ月前ほどの早期予約が必須になるでしょう。
合宿免許は1、2ヶ月前では全国的にほぼ予約満員状態となってしまうほどの人気プランです。